abh-13

Nobuo Yamada "Empty Can Street Orchestra"

(2008 / CDR)

 

作者自身が最も好む音の一つでもある「空き缶」の空っぽな響き。Tr.1は2003年10月30日に栃木県宇都宮市大谷町にある「大谷石地下採掘場跡」へ友人と出向いた際、密かに隠し持ってきた空き缶の束をゲリラ的に場内で引きずり歩いて広大な地下空間の中で巻き起こる金属残響を採集。たまたま場内で流れていた(おそらくブライアンイーノであろうか)環境音楽がその背景で漂い、結果、偶然にも不思議な空間調和を醸し出す。/Tr.2は、同日、その大谷石地下採掘場跡の近辺にある川辺ダムに隣接するトンネル内にて同様に空き缶を引きずり歩いた音を採集。(潰れた空き缶仕様)

-----------------------------------------

The bunch of empty cans was dragged by "Ohya stone underground mining place" on October 30, 2003, it walked, it rolled in a vast underground space, and a happening metallic reverberation was collected. The ambient house that flows in the hall drifts by the background, and a mysterious, spatial harmony is caused by chance. (Collapsing empty can jacket)