山田ノブオ:

 

「音」という生命力の雑多な探索。

 

ジャン・ティンゲリーに憧れつつもノッポさん的アプローチ。2001年に興味を持ち、2002年より録音を始め、2003年より不定期に演奏。

 

機能性を失った事で社会の営みから意味を無くされ捨てられた

廃材金属ガラクタをこそ愛おしみ、それらと共に去勢されて

久しいこの閉塞世界にじっと歯向って、風化する五感を再び

エレクトさせる為に叩いて引っ掻いて嘶かせていく活動。

 

 

 

Nobuo Yamada:

 

Miscellaneous search of the life force called "sound".

 

Handmade approach while yearning to Jean Tinguely. It has an interest in 2001, and start recording from 2002, will be playing on an irregular basis from 2003.

 

I prefer the metal junk that has lost the functionality that has been discarded from the society. Use it, I rebelled against the blockage world that has been castrated. And I swat it to erect the five senses that I lost again and scratch and let you sound.