abh-17

Nobuo Yamada "music for beniko"

(2009 / CDR)

 

2008年12月に産まれた長女に捧げられた作品。胎内時に於ける心音や言語以前に発せられる奔放で無垢な声音を軸として絡ませ、オルゴールやメリー、その他様々な音に関係するベビートイを素材に用いた、作者なりの解釈によるベビートイミュージック。オモチャ箱をひっくり返したようなイメージの前半部からやがて寝かし付け効果を狙ったスリーピングミニマルサウンドとしての装いに移行していく後半部という構成になっている。(EPレコードサイズ/B4判インサート/ジャケットイラストのポストカード付き)

-----------------------------------------

Work dedicated by daughter who was born in 2008. Heart sound in interior of the womb and daughter's voice, Music for sleep that composes by using music box and various Baby Toy for material.