abh-24

chin mountain

"music for the shed skin of cicada"

(2017 / CDR)

 

2010年に1stリリースした山田ノブオの(環境系ドローンプロジェクト)「Chin Mountain」が7年振りに2作品同時リリースしました。風景の自然トランスとして捉えていた1stアルバムから、より生き物の生態に即した視点が生まれています。

『2014年夏。窓の外で蝉のオーケストラ。延々と続く生命の大合唱が耳鳴りのように響く。夏の部屋でふと思い立つ。(マイ金属ドローン装置)回転式メタルCDラックをゆっくり回し始める。金属の擦れる波を慎重に折り重ね、蝉の人生最後の大合唱に呼応させてみる。加えて以前、夜の庭で脱皮を始めた蝉の神秘的な時間の体験記憶を作品全体のインスピレーションの輪郭とした。』/42分-1track、B6カード型ジャケット仕様

-----------------------------------------

『2014 summer. a cicada's orchestra outside the window. long chorus of longevity eternally sounds like tinnitus. I think of it in the summer's room. (my metal drone device) start rotating the rotating metal CD rack slowly. carefully fold the waves rubbing the metal, let us respond to the last big chorus of cicada's life. 』