Paper Cut 90-00s

当初から絵作りにおいて興味を持ったのは、色紙を切ったりそれぞれの色を隣り合わせて生まれる配色の組み合わせでした。そこには色を塗るという時間から自由でドライで、一瞬のうちに配色による恍惚が味わえました。素材に選んだ紙はNTラシャ紙。値段の安さに加え、微妙にくぐもった色味のバリエーションと紙の表面の毛羽立った質感も好みでした。レトロでモダンな女性画を繰り返しました。

I liked my cutting a colored paper after abeginning, and displaying it, and enjoying thosecolors. I was able to taste the ecstasy of the color therein an instant. Material was NT rasha paper and liked a darkishcolor and the surface feel of a material, too. Irepeated a nostalgic, modern image for women.

material: NT Rasha / Magazine print

ⓒ Nobuo Yamada